コンテンツ

配達エリア・注文方法

注文方法

ご注文方法

  • ホームページよりご予約いただくか、お電話又は FAX でご注文ください。
  • ホームページからご予約頂いたお客さまには、配達スケジュールを確認後当社より確定メールを送付させていただきます。
  • FAX からご予約頂いたお客さまには、後ほど当社より確認のご連絡をさせて頂きます。
  • なおご予約状況、仕入れ等の事情により、ご希望の時間やメニュー内容をお受けできない場合がございます。
    その際は、お時間の調整またはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ご注文は原則、「ご希望配達日」の「2日前(土日祝除く)」の<14:00>までにお願いしておりますが、可能な限り対応させて頂きますので事前にお電話でご相談ください。なお土日、祝日は受付定休日となります。月曜日分のご注文は、前週木曜日の14時までとさせていただいております。

お支払方法

  • 代引き
    商品お届けの際に、配達スタッフに直接お支払いいただきます。
  • クレジットカード
    インターネットからのご注文のみご利用いただけます。
  • 銀行振込
    配達日の2営業日前までに、指定口座へ代金をお振込みください。
    【振込先】 第四銀行 吉田支店(349) 当座 5000300 カ)オガワヤ
    ※振込手数料はご負担ください。
  • ご請求書(法人のお客様/2回目以降)
    ご利用いただいた月末締めでご請求。翌月末日迄のお支払いとさせていただきます。
    ※ 振込み手数料はご負担ください。
    ※ただし、初回のご注文に限り現金又はクレジットカードでのお取引をお願いしております。

ご注文の際の注意事項

  • ご注文をキャンセルまたは配達時間・数量の変更をされる場合は、納品予定日前日(土日祝除く) の14:00までにご連絡ください。
    ※食材の仕入れ状況や他のお客様のご予約状況により、前日14:00前でも変更・追加 が承れない場合もございます。 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • 納品前日の14:00までのキャンセルにつきましては、キャンセル無料
  • 納品前日の14:00以降のキャンセルにつきましては、ご注文金額の100%

会社概要

会社概要

会社名 株式会社小川屋
本社所在地 〒950-0105 新潟県新潟市江南区大淵1631
TEL 025-276-1311
FAX 025-277-1755
代表者 代表取締役社長 大橋 祐貴
創業 明治26年に創業者の小川駒吉が名産漬物販売業として創業
グループ企業
株式会社和僑商店ホールディングス http://www.wakyo-shouten.com/
銀座十石 http://10kkoku.com/
古町糀製造所 http://www.furumachi-kouji.com/
今代司酒造株式会社 http://imayotsukasa.co.jp/
株式会社峰村醸造 http://www.minemurashouten.com/
越後味噌醸造株式会社 https://www.echigomiso.co.jp

ご利用用途から選ぶ

ご利用用途から選ぶ

会議・研修用弁当

会議や研修(セミナー)の会場まで、特別なお弁当をお届けいたします。頭をフル回転させて疲れた休憩時間に、ボリュームたっぷりのお弁当は活力になることでしょう。

>> 会議・研修用弁当お弁当一覧

おもてなし・接待用弁当

製薬会社様の病院関係者様向けのご接待やおもてなし、特に大切な方へのご接待に喜ばれるお弁当をご用意いたしました。食材や味はもちろん、容器にも高級感があります。大きくカットした焼き魚のお弁当は特に喜ばれております。

>> おもてなし・接待用弁当お弁当一覧

ロケ・撮影用弁当

昼夜を問わず作業されるお客様に、その日の活力の一助になるお弁当を心をこめてお作りしております。
またタレント様へのおもてなし弁当、クランクインやクランクアップといった特別な日に熨斗紙付のお弁当など、お客様のご要望にもお応えできるよう努めております。

>> ロケ・撮影用弁当お弁当一覧

行楽・イベント

行楽やイベント、各種行事に欠かせないお弁当をご用意いたしました。ご指定の場所やバスへお届けいたします。

>> 行楽・イベントお弁当一覧

地域や家族のお集まり

気心知れた御友人・御家族・大切なお仲間とのお集まりイベントにおもてなし弁当をご利用下さいませ。

>> 地域や家族のお集まりお弁当一覧

種類から選ぶ

種類から選ぶ

  • 古町包
    古町包

    豪快にカットされた大ぶりな魚。使うのは刺身で召し上がれるレベルの切身。明治から魚を扱ってきた小川屋ならではの特別なお弁当です。お弁当を包む包装紙には蠟引きを使用。昔を知る人には懐かしく、今の人には新しい。趣のあるパッケージが新鮮で喜ばれております。

  • 古町包
    古町小包

    お客様より少し少量のお弁当がほしいとのご要望により、古町小包シリーズより小ぶりな約80g程度の魚を使用しております。それでも成人男性が召し上がっても十分な分量です。主に会議や研修・セミナー等のお弁当に使用されております。

  • 古町包
    お茶・味噌汁

    お弁当と一緒にお茶や味噌汁はいかがでしょうか。お茶は、伊藤園の「おーいお茶」を三種類ご用意しております。味噌汁は、生みそタイプの味噌汁です。カップにお入れしてお持ちしますので、お湯はお客様でご用意ください。

よくある質問

よくあるご質問

Q.お弁当の注文はいつまでにすればいいですか?
A.配達ご希望日2日前(土日祝除く)の14時までお受けしております。ただし、配達スケジュールや製造数が限度を超えますとお受けできない場合もございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。また、土日祝は受付定休日となりますのでご了承ください。
Q.クレジットカードは使えますか?
A.はい。当店ホームページからクレジットカードでのお申し込みが可能です。お届け先でのカード決済は行っておりません。あらかじめご了承ください。また、レジレシートは発行できません。
Q.キャンセルや注文内容変更はいつまでに連絡すればいいですか?
A.お届け希望日前日の14時までです。キャンセルはお時間過ぎますと100%のキャンセル料を頂戴いたします。注文内容の変更も前日14時までですが、配達時間や配達場所の変更はお早目にお願いしています。配達スケジュールが埋まってしまいますと、変更をお受けできなくなります。
Q.食べ終わった後の弁当容器の回収はお願いできますか?
A.はい。54,000円(税込)以上のご注文で無料回収いたします。金額が満たない場合でも、有料(税込2,160円)で伺える場合がございますのでお気軽にご相談ください。 また、容器回収にあたり、回収時間の幅をいただいておりますのでご了承ください。
Q.請求書の支払いは可能でしょうか?
A.はい。初回のご注文に限り、現金又はクレジットカードでのお取引とさせていただいております。2回目以降でしたら、末締め翌月末払いで請求書対応をさせていただきます。また、振込手数料はお客様ご負担でお願いしております。
Q.配達エリアや、配達料は?
A.配達可能エリアは新潟市(中央区・東区・西区・北区・江南区)とさせていただきます。
10,800円(税込)以上のご注文で無料配達いたします。10,800円(税込)未満の場合は配達料として別途1、080円をご負担いただきます。対象外地域についてもご注文内容によってはお届けが可能な場合もございますので、まずはお電話にてご相談ください。
Q. 配達時間の指定はできますか?
A.はい。ご希望の時間にお届けいたしますが、30分程度の幅は頂いております。また交通状況によっては多少前後する可能性がございますのでご了承ください。配達スケジュールが埋まってしまいますと、ご希望をお受けできない場合がございます。
Q.まだ詳細がはっきりしていないのですが、仮予約はできますか?
A.仮予約はお断りしております。正式にご注文いただき、変更がある場合は前日14時までにご連絡していただくことをおすすめしています。
Q.お願いしたいお弁当の予算が決まっています。予算に応じた対応をお願いできますか?
A.はい。ご相談に応じますが、当店の販売価格と大きな差がある場合は、別のお弁当などのご提案もさせていただきます。
Q.小分け袋や手提げ袋、またごみ袋は用意できますか?
A.ご注文の際、事前にお申し出いただければご用意させていただきます。一部有料となる場合もございます。お気軽にお問合せください。

小川屋が選ばれる理由

小川屋が選ばれる理由

明治から受け継がれる、
職人の手仕事

小川屋は明治二十六年に、初代の小川駒吉が新潟古町で創業しました。
以来、新潟に伝わる鮭鱒を中心とした伝統的な名産品を作り続けて今日に至ります。
それを支えてきたのが、歴代の職人たち。
小川屋では魚を切る、漬ける、焼くといった全ての工程を、全て職人の丁寧な手仕事で仕上げています。
これまで時代の流れに伴う嗜好の変化に応じて、商品の味を変えることは少なくありませんでした。
一方で職人の技と想いは、創業から変わらず受け継がれているのです。

選ばれる理由1

まさに"新潟らしい"漬床

創業125周年の節目に生まれた、小川屋の新しい看板となる漬床<越乃甘粕(こしのあまかす)> 。
京都の西京漬のように、これぞ新潟と呼べる漬床を作りたい。
そんな想いから新潟らしい発酵調味料に着目し、試行錯誤の末にたどりついたのが、甘酒と酒粕で作る漬床でした。
すっきりした甘さでありながらも、ほのかな酒粕の香りとコクもある、これまで味わったことのない上品なうまさを実現しました。
他にも、旨味の強い越後赤味噌で漬ける「復刻味噌漬」や、多数メディアに取り上げられて人気上昇中の新潟郷土料理「焼漬」など、新潟らしさが感じられる品々をご用意しております。

選ばれる理由2

ご飯がとにかく、うまい

ご飯の甘みや粘りを決めるのは良質な水と、夏の成長期の昼夜の厳しい寒暖の差です。
この最高の環境条件である新潟県矢代地区において、さらにエリアも限定して米を選定しました。
つや、粘り、香り、甘み、どれをとっても申し分なく魚沼産に匹敵する最上質米として高い評価を得ています。
仕込み場ではこれをガス釜で一気に炊き上げます。
炊きたての香りもさることながら、このお米は冷めてからの方が一層甘みが強くなる特性があり、
他のお米の研究を進めていく中でもこれ以上のお米が未だ見つからないのです。

選ばれる理由3

魚が冷めても、うまい

なぜ冷めてもうまいのか?それは、鮮度へのこだわりです。
流通技術の発展した現代において魚の流通は冷凍が基本となっていますが、冷凍の回数を減らすことで繊維質もきめ細かいままの状態に保つことができます。
また、解凍の仕方によっても味や食感に大きな差が出てしまいます。
小川屋ではこれまで培ってきた経験から最適な保存方法や処理方法を熟知しており、鮮度の高い魚を提供することが可能となっています。
魚くささを感じない味わいに加え、大ぶりで肉厚な魚でも箸がすっと通るのです。

選ばれる理由4

「ご進物」として恥じない、大切な方へのおもてなし

小川屋の社是「新潟の"うまい"をいつまでも」。
時代の嗜好に合わせた味付けへの変化を恐れず、安心できる食材や調味料には変わらずこだわる。
ご先祖様がその考えを貫き一所懸命商売に励んだことで、皇室へのご献上、新潟土産品としての推賞など、一定の評価を頂いてきました。
そんな「大切な方への贈り物」として恥じない物作りへの想いは今日も変わりません。
「相手方に喜んでもらえたよ」と言っていただける。
その言葉をいただくために日々精進し続けるのが、私たち小川屋の喜びと存在意義なのです。

選ばれる理由5